FC2ブログ

2019-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登記はすべて自力

少しだけ記事に書きましたが
我が家の登記関係は全て自力でやらせてもらうことができました

と、いってもすべて夫がですけど!
事前に土地の登記をやっていたのでチャレンジしやすかったようです
ずっといろいろと調べて様式なども確認し
ノーミスでスムーズに登記完了

すべてを司法書士さんにお願いすると1つの登記につき10万前後になるそうですから
単純計算で30万ほどの節約にになったってことですよ!
我が夫ながらエライわぁ(笑)


家を新築するにあたり必要な登記は3つ
「表題/表示登記」「保存登記」「抵当権設定」

調べてみると「表題/表示登記」と「保存登記」は自分でやることが多い登記のようですが
抵当権は融資をしてくれる銀行側とのやりとりがあるので
自分たちでやるパターンは少ないみたいですね


私は直接携わったわけではないので詳しく内容はわからないのですが
夫が行っていた各種手続きはこんな流れでした

書類はネットの情報を駆使して作成
法務局の窓口で相談すればいろいろと教えてくれるそうです

「表題/保存登記」は管轄の法務局に直接提出に行きました
現地確認が必要になるそうなので立ち合いする気で身構えていたら
1週間ほどで完了したとの連絡が
工事の人が入れ代わり立ち代わりいたから勝手に確認されちゃったみたい
基本的には家の足場が外れて室内が居住に足る状態であればいいそうです

連絡があったのちに法務局に書類を受け取りに行って
次の保存登記と抵当権について相談
これもまた法務局に提出しなければならないのですが
管轄の法務局が案外遠いため、郵送で提出しました

配達記録の残るレターパックプラスを利用
表に赤字で「登記書類在中」と記載して
書類をクリアファイルに挟んだ状態で入れて発送

速達でお願いしたので
投函したその日に法務局に届いたみたい
3日後には登記完了したとの連絡がありました
早っ!!

法務局に完了証明を受け取りに行って
銀行や各所へ提出する登記事項証明をとって終了


手放しで簡単!という作業ではないようでしたが
自分たちで全てやるというのは思い出になりますし勉強になりました
節約の面でもすごく良かったと思います


かかった費用は法務局への交通費と準備した書類等の文房具代が少し
申請に必要な印鑑証明や住民票の取得費用
一番高かったのは登録免許税ですが
こちらも管轄役所で取れる「家屋証明書」というものを事前に準備すれば少し安くなります

もろもろ含めてもかなりお安くできました
この作業を司法書士さんにまかせたつもりで時給換算したら
かなりの高給取りになるよ、夫!



これから家を建てられる方で
法律関係の細かい書類作成に拒否反応がない方は
ぜひチャレンジされてみることをお勧めいたします!





ランキング参加中です(*´∀`*)
お帰りの際にはポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

土地の合筆登記

以前もちょこっとお話しましたが
我が家が購入した土地は抵当権絡みの関係で
購入時に2筆に分筆されてました

別に2筆のままでも暮らしていくには大した問題はないのですが
何かの関係で証明書などを発行してもらう場合
毎回2筆分請求しなければならないとか
書類に二つの番地を書かないといけないとか・・・
地味~に面倒くさいんですよね

なので家の登記をする前に合筆しちゃえ☆
ということになりました


基本、合筆などの手続きは司法書士さんに頼むものなんですが
案外簡単だという事と
夫がそういう手続き方面に明るいということもあって
自分たちで行う事にしました

依頼したら数万円の費用が掛かりますが
自分たちで行う場合は登記費用の1000円程と
印鑑証明を取る手数料とかコピー代とかくらいで済みます
やり方はネットで検索するといくらでも出てきますよ~


土地の番地は親番は一緒で枝番が違うんですよ
「×××-△」と「×××-▼」みたいな感じです

△の方が番号が若いけど
狭くて家には全くかかってない
▼が広くて土地のメイン
家も▼にしっかりがっつり立ってる

数字としてはどちらも好きなんだけど
個人的には▼の方が近隣との兼ね合い的にはいいかな~と
なので▼に合筆しようとしたんですが
ここで問題発生

土地を合筆をする場合は基本的に一番若い番号にしなきゃダメなんだって!
キィ!
どうしても▼にしたいという事であれば
家の登記が終了して家の番地が▼だからという状況であれば
特例として合筆できるそうなんです
が、今はまだ家は建築中
無理に▼にすることはできないと突っぱねられました

いやもうこの時の法務局の担当が嫌な感じだったんよ
みんなが想像する「嫌なお役所窓口」のイメージそのまんま
超イラァっ(-□-)とさせられました

結局色々と相談して
△で登記することにしたんですけどね
早めに決まってる方が気持ちもいいし


メインは夫がやったので偉そうなことは言えませんが
想像以上に簡単に行えると思います
自分でやったという達成感も味わえますしね



ランキング参加中です(*´∀`*)
お帰りの際にはポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

住宅購入資金の贈与税の申告

大変ありがたいことに
我が家は家を購入するにあたり親からの援助をしていただきました!
イヤ本当に頭があがりません

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合
キチンと申告すれば非課税になるのでやることはやっておかねばなりません

が、我が家が申告するに当たり深刻な問題が…!!
非課税となる条件の一つに
贈与を受けた翌年の3/15までに家が完成していなければならないという項目がっ!!
完成が4月中旬予定だからねー
完全ブッチだよねー


仕方がないので税務署に相談してみました

Q.3月15日までに住宅が完成しなかった場合、非課税とならないのでしょうか?
A.最低、上棟が終了しており屋根を要する型になっていればOK

Q.その場合、どのように申告すればいいのか?
A.登記書類等の引渡し後にしか揃わない書類以外を作成して申告する
  別途添付する書類が必要
  ①着工している工務店が作成した証明書
    ・現在の状況(柱や内装等工事の着工状況)
    ・完成(引き渡し)予定日
  ②入居者(施主)が完成しだい入居するという証書
    ・今揃わない書類も完成次第提出するという記載も必要


この添付書類には特にテンプレートはないそうなので
自分たちで考えて作ってください、ってなカンジ
いいのかそれで(笑)

まぁ基本的には年度内の完成が必須の特例なので
特例を認めるための書類が事前に準備されてるってのは変な話ですからね
しかたがないです

①の証明書は工務店の担当さんに相談したところ
現在の進捗状況に関しては工程表を、
引渡し予定日を記載した「完成予定証明書」を作成してもらいました

②の証書に関してはネットでテンプレを探したのですが特に見つからず
仕方がないので色々と参考にして作成しました

同じような方がいればと思い簡単ですがご紹介

                 確   約   書

  平成25年分贈与税の住宅取得等資金の非課税の適用における必要書類について、
  次のとおり確約いたします。
  新築をした住宅用の家屋を建築完了後速やかに居住の用に供すること
  居住の用に供したときは遅滞なく下記に掲げる書類を所轄税務署長に提出いたします。

                      記

   1.受贈者の住民票の写し

   2.登記事項証明書

   3.長期優良住宅建築等計画の認定通知書の写し及び
     住宅用家屋証明書若しくはその写し又は認定長期優良住宅建築証明書

                              平成  年  月  日

   ○○税務署長 様

              住所   

              氏名                   印


と、まぁこんな感じです
我が家は長期優良住宅なので「3」の項目がありますが
通常の住宅であれば「1」と「2」だけで十分だと思います

先日、揃えた書類を税務署に提出してきました
問題なく受け取っていただき申告は終了

住宅ローン控除については来年度の申告時からスタートとなります

ふーこれで一つ仕事が終わったので肩の荷が下りました
偉そうに書いてきましたが
やったのは全部夫です(笑)
テヘペロ☆


ランキング参加中です(*´∀`*)
お帰りの際にはポチッとお願いします!
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まるたに

Author:まるたに
片田舎に住むふとましい主婦
夫と娘と家族三人の生活

地元工務店で
総漆喰の長期優良住宅を建てました

2013年10月着工
2014年 4月完成

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介 (9)
日々のこと (7)
庭 (5)
お家を建てたい (22)
施工業者えらび (16)
予算・費用 (6)
土地 (22)
間取り (8)
外壁・屋根 (2)
内装・造作 (13)
設備 (10)
施工 (37)
外構 (14)
税金・登記 (3)
購入品 (7)
手作り (4)
未分類 (7)
離れ建設 (2)

リンク

最新コメント

お役立ちリンク

広島住宅総合館

楽天

カウンタ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。